Google Adsに新しいスマートビッディング機能が追加されました。

Google Adsは先日、いくつかの新しいスマートビッディング機能を発表しました。入札戦略レポートのトップシグナル、マネージャーアカウントレベルでの季節性の調整、コンバージョン価値の最大化のための推奨入札、新しいターゲットインプレッションシェアのシミュレーションなどです。

ターゲットROASとコンバージョン価値の最大化のトップシグナル
入札戦略レポートのトップシグナルは、キャンペーンのパフォーマンスを左右する要因をより明確にし、より広範なマーケティング戦略に役立てることができます。現在は、「目標CPA」と「コンバージョン値の最大化」を使用しているキャンペーンのトップシグナルのみを表示することができます。今後は、「目標ROAS」と「コンバージョン値の最大化」を使用している検索キャンペーンでも、これらのシグナルを確認できるようになります。

トップシグナル。特定のコンバージョンベースの戦略(ターゲットCPA、コンバージョン数の最大化、ターゲットROAS、コンバージョン値の最大化)において、入札戦略がコンバージョンの可能性が高い、または低い訪問者に対して自動的に入札を最適化しているいくつかのディメンションをハイライトします。上位シグナルには、デバイスの種類、場所、曜日、時間帯、キーワード、リマーケティングリストやカスタマーマッチリストなどが含まれますが、これらに限定されません。

注:トップシグナルは、コンバージョンボリュームや考慮されるシグナルの相対的な影響によっては、特定のキャンペーンやポートフォリオの入札戦略で必ずしも表示されない場合があります。

マネージャーアカウントレベルでの季節性調整の適用
スマート入札では、機械学習を利用してオークション時の入札額を自動的に設定し、キャンペーンのパフォーマンスを向上させます。これらの戦略ではすでに季節性が考慮されていますが、セールや製品の発売時など、コンバージョン率が大きく変化することが予想される重要な瞬間があるかもしれません。

Google Adsでは、このような状況をよりコントロールできるように、季節性の調整を行っています。この調整は、アカウントごとに設定するのではなく、マネージャーアカウントレベルで設定できるようになり、さらに使いやすくなりました。

レコメンデーションによるコンバージョン価値の最大化入札の導入
Google は、レコメンデーション ページに新しい機会を表示することで、コンバージョン価値最大化入札の導入を「より簡単」にしています。これらの推奨事項は、対象となる検索キャンペーンに表示され、予算内でより多くのコンバージョンバリューを得るのに役立ちます。

その内容は以下の通りです。

ターゲットインプレッションシェアシミュレーターでパフォーマンスを予測する
シミュレーターは、ターゲット入札と予算の変更がパフォーマンスにどのような影響を与えるかを理解するのに役立ちます。このツールは、これまでコンバージョンベースおよびクリックベースの入札戦略に利用されていましたが、今回、ターゲットインプレッションシェアを使用する検索キャンペーンにもサポートを拡大することになりました。この変更により、目標インプレッションシェアの調整がコスト、インプレッションシェア、クリック数などの指標にどのような影響を与えるかを把握できるようになりました。

スマート入札シミュレーターは、コンバージョン数、コンバージョン値、クリック数、インプレッション数など、達成したい主要な指標に基づいて選択することができます。

Twitterでのフォーラムディスカッション。