Google App Adsがディープリンク機能を追加、分析とツールを提供

Googleは、人々を自分のアプリに誘導するアプリベース広告に関するGoogle Adsのアップデートを発表しました。このアップデートの目的は、ユーザーをモバイルアプリに呼び戻し、アプリのエンゲージメントを高めることです。

デスクトップでのGoogleアプリキャンペーン
デスクトップ検索では、ユーザーがモバイル端末で検索しなくても、Androidアプリを直接Android端末にダウンロードさせることができるようになりました。Google は、App キャンペーンが機械学習を使用して、検索、YouTube、Play、発見、および Google のネットワーク全体で適切なユーザーを見つけることができると述べていますが、今回初めて、Android 上で実行されるキャンペーンのリーチを Google.com のデスクトップ版と Google ディスプレイ ネットワークに拡大しています。

ユーザーがデスクトップのブラウザでアプリ広告をクリックすると、Google Play Storeのデスクトップサイトに誘導されます。ユーザーはそこから、PlayアカウントにリンクされているAndroidデバイスに直接アプリをインストールすることができます。すでにAndroidでアプリキャンペーンを実施している場合は、追加のアクションは必要ありません。アプリ広告のデスクトップトラフィックとパフォーマンスは、キャンペーンレポートの「コンピュータ」に自動的に表示されます。

ここでは、その様子をGIFでご紹介します。

Google Analytics for Firebaseのアップデート
Googleは、Google Analytics for Firebaseのイベント作成・修正機能をアップグレードしました。これにより、マーケティング担当者や開発者は、確認画面での「購入」の記録など、アプリ内のカスタムイベントをコードなしで作成・編集できるようになりました。開発者のリソースを必要とせずに、イベント名やパラメータを変更したり、新しいイベントを作成したりすることができます。

ディープリンク検証ツールとROIツール
Google は、アプリキャンペーンのための新しいディープリンキング検証ツールとその他のツールを追加しました。Googleによると、ディープリンクは、ユーザーをアプリ内の特定の目的地やランディングページに直接誘導するのに役立つが、面倒な技術的作業が必要だという。Googleの新しいツールを使えば、開発者は、機能していないディープリンクを簡単に修正したり、Google広告でディープリンクを実装した場合のROIを把握したりできるようになります。

こちらはディープリンクバリデータ、こちらはインパクトカリキュレータです。

ベータ版に登録するには、アカウントマネージャーに連絡するか、Googleヘルプセンターにアクセスしてください。

Twitterでのフォーラムディスカッション。