Google、2020年に290万件の手動によるウェブスパム対策を実施、前年よりも減少

Googleはすでに2020年の年次ウェブスパムレポートを発表していますが、昨日、Googleは2020年に同社がどのようにウェブスパムに取り組んだかについても、もう少し詳細を発表しました。

具体的には、Googleは、アルゴリズムが自動的にスパムに取り組んだため、2020年には290万件と、例年よりも手動でウェブスパムのアクションを送ることが少なかったという。

Googleは、”Search Consoleでサイトオーナーに1億4,000万件以上のメッセージを送信し、前年よりも増加した “と述べています。

しかしそれは、”Search Consoleを利用する新しいサイト、COVID-19の期間中にサイトオーナーを支援する新機能の発表、さらには検索でのサイトの表示に影響を与える可能性のある潜在的な問題に関する有益な洞察や通知 “によるものでした。

しかし、具体的に手動のアクションに関しては、Googleは “すべてのメッセージのうち、290万件が手動のウェブスパムのアクションに関するものだった “と述べています。

Googleはこれについて、”多くのスパム問題がすでにアルゴリズムによって対処されているため、過去数年に比べて減少している “と述べています。

例えば、2018年のGoogleの手動アクションは400万件、2017年のGoogleは600万件の手動アクション通知を送っています。

確かに、マニュアルアクションを受ける人が減っているのでしょうね。 このGoogleの新しい投稿では、同社がウェブマスター向けにリリースした新しいツールやリソース、コミュニティとのコミュニケーションのために行った改善など、多くの取り組みについてもまとめられています。

Twitterでのフォーラムディスカッション。