Googleは署名付き交換機を使用して構築されたウェブサイトをプリフェッチします。

GoogleプロダクトマネージャーのJeffery Jose氏は、Google I/Oでページエクスペリエンスアップデートがデスクトップにも導入されることを発表しただけでなく「Google検索は、署名された交換を使用して構築されたウェブサイトをプリエッチします」と発表しました。

彼によると、これは今年の初めに発表されたものですが、あなたのコアウェブバイタルのスコアに大きな違いをもたらすことができます。

これは、2021年6月中旬のページエクスペリエンスアップデートのロールアウトで起こり始めるはずです。

正確には、現在利用可能です。 これはSaijo George氏が発見しました。

7分43秒のところで、GoogleのJeffery Jose氏が、

「ユーザーのためにページパフォーマンスを向上させるもう1つの方法は、Google検索のプリフェッチを利用することで、署名付きのエクスチェンジを使用することです。」

と述べました。

そして、”今年の初めに、Google検索がsigned exchangesを使って構築されたウェブサイトをプリフェッチすることを発表しました。

ページはプリフェッチされてユーザーのブラウザに保存され、ユーザーが結果をクリックしたときにすぐに読み込まれるようになっており、ほぼ瞬時に読み込まれるようになっている” と付け加えました。

以下はそのスライドです。